メルカリの本の売り方のコツ

メルカリ読書術で読んだ本を売って1カ月で3万円以上になった具体的な体験談と方法

メルカリ読書術

 

メルカリ読書術って聞いたことがありますか?

 

わたしはこれを知ったときに「これだ!」と思いました。

 

本を読んでメルカリで売る読書法です。

 

例えば人気の新刊本だとお金の流れはこうなります。

 

新刊本1500円を1200円で売ったときの売上
出品価格1200円ーメルカリ手数料120円ー送料175円=905円

 

定価1500円の本が1200円で売れるのか?とメルカリをやったことが無い人は思うかもしれませんが新刊本だとよくある光景です。これは出品すれば誰でも味わうことができるメリットです。

 

ブックオフなど古本屋で売るのがバカバカしく感じてきます。

 

最近のハードカバーの本は1500円前後が多いですよね。1500円で購入した本をメルカリで1200円で売ったときに手元に残るお金は905円になります。

 

1500円ー905円=595円

 

595円の出費で新刊本を読めたことになります。

 

これは革命

 

これは革命です!

 

本屋や古本屋は大打撃だと思います。。。

 

特に古本屋がやっていた手間を個人がやることでこの利益を享受できることになります。古本屋さんには悪いけど時代の流れです。

 

カメラがデジカメに変わり今はスマホに十分になり各家庭にプリンターもある。カメラや写真プリントも時代の流れとともに変化していますよね。

 

これは堀江 貴文さんと落合陽一さんの共著「10年後の仕事図鑑:定価1512円」を読めばよくわかります。実はこれも本屋で買ってメルカリで売りました。

メルカリで本を売って最初の1カ月で3万円以上に

メルカリ読書術売上

 

最初は何も考えずに売っていました。しかし「これは工夫すればどんどん売れていくはずだ」と気付きました。

 

これを試行錯誤しながら実際に売っていきました。

 

コツがわかればどんどん売れていきました。最初の1カ月に3万円以上です。

 

売った本

これは自宅にあった本と本屋で買った読みたい新刊本と少しブックオフで買い足したものを販売した記録です。

 

自宅にあった本
本屋で買った読みたい新刊本
ブックオフの本(100円中心)

 

「amazonせどり」「中国輸入せどり」ではありません。

 

自宅にある本だけでも通用する考え方です。

メルカリで本を売るのはお金のためだけじゃない

メルカリ読書術メリット

 

メルカリで本を売るのはお金のためだけじゃないということを書いていきます。

 

お金のためだけじゃないけど、お金にもなるということです。

 

メルカリで本を売って売上を上げていきました。これをやっていくとお金だけじゃない大きなメリットがありました。

 

お金の流れ

基本の流れはこうなります。実際に流れているお金の流れです。

 

お金が出ていくとき、入ってくるときの「チャリン」という音が聞こえてくるはずです。

 

メルカリ読書術1

 

1.本を買う
2.本を読む
3.本を売る

 

すでに自宅にある本もあると思いますがこれも以前に買った本です。これを気軽に売れるのがメルカリのメリットです。しかもブックオフなどの古本屋で売るより高く売れる場合がほとんどです。

 

これまで本を買っても読まなかった本もたくさんあると思います。積読ですね。これが売るというモードになると「読まなくちゃ!」という気持ちにスイッチが入ります。これだけでもメルカリのメリットはあります。

 

物体の流れ

世の中は断捨離やミニマリストが流行しています。本という物体の流れもチェックしていきましょう。

 

メルカリ読書術2

 

1.買うと同時に本という商品が手に入る
2.在庫になる
3.販売する

 

販売すると断捨離になります。断捨離は気持ちがスッキリするのはたくさんの断捨離の本に書いてあるので読んでみてください。本は売れたら残りません。気持ちがスッキリします。メルカリで売れた場合は物体を手放してお金が手に入ります。

 

脳の流れ

お金以外にも残るものがあります。それは知識です。本が売れて行っても知識が残ります。知識が残るとどうなるかというと、みなさんご存知の通り頭が良くなります。

 

メルカリ読書術3

 

1.情報を本のタイトルで知る
2.本を読んで情報を入手する
3.知識になる

 

情報は読むことにより本を手放しても知識になります。

 

メルカリ読書術には頭が良くなるメリットがありその流れを加速させる気持ちの変化があります。

 

メルカリ読書術の3つのメリット

お金になる

売り方のコツをつかめばどんどんお金になります。

 

知識になる

お金だけでなく知識になるのがメルカリ読書術のいいところです。

 

断捨離になる

断捨離は禅の境地にも似ています。

 

メルカリ読書術4

メルカリで本を売るコツをよく友達に聞かれるようになった

メルカリ読書術売るコツ

本をよく読む友達からコツを何回も聞かれました。読書好きほど上手くいくコツです。

 

類友の法則で読書好きのまわりには読書好きが集まるんですよね。

 

友達からは「好きな本を格安で読めて、しかもお小遣いになる!こんないい方法はないよ。」と10人以上に言われました。

 

毎回同じことを言うのも大変なのでここにまとめておきます。まとめるのは少々手間と時間が掛かりました。話すのとは違いますね。しかし時間を掛けた分わかりやすくていいものができました。

 

わかりやすいようにコツを項目に分けています。

 

基本のコツ
利益を上げるコツ
売れ筋商品のコツ
60のコツ

 

価格は付けていますがメルカリで本が売れていくとすぐに回収できる値段設定にしました。

 

各980円です。

 

基本編のコツ:980円
利益を上げるコツ980円
売れ筋商品のコツ:980円
60のコツ:980円

 

書店にあるメルカリの方法を書いた売れ筋の本はだいたい1500円前後です。

 

超かんたんメルカリ:1598円
宇田川まなみ(著)

 

メルカリの達人:1512円
泉澤義明(著)

 

この本も読まないより読んだ方がいいです。読んだらメルカリ読書術で販売すると知識は残って本は断捨離になりお金が返ってきます。

 

これらを読んで参考にもしました。

 

さらに実践を繰り返し具体的にしたコツです。

 

4つをまとめて読めるようにしました。

 

まとめて読んだ方が理解しやすいんです。

 

980円×4つ=3920円

 

これをまとめ価格で3480円にしようと思います。

 

3920円を3480円に!

 

さらに今だけ販売数限定で2980円にします。

 

3920円を3480円、さらに2980円に!
(販売数限定)

 

 

メルカリ読書術でどんどん本を読んでどんどん売ってみてください。本が好きな人ほどおすすめです。

 

メルカリで本が売れ始めるとすぐに取り戻す値段です。

 

メルカリのコツを友達に聞くときに交通費を掛けて居酒屋の飲み代をごちそうするより安い値段にしました。

メルカリで本を売るコツはこんな人におすすめ

おすすめな人

  • 読書好きの人
  • 知識を活かした小遣い稼ぎをしたい人
  • 本の知識を格安に脳に蓄積したい人

 

おすすめではない人

  • 本をあまり読まない人
  • 本以外のメルカリのコツを期待している人
  • すでにメルカリで稼いでいる人
このページの先頭へ戻る